捉え方で人生は変わる。夢と目標を美容師として掲げる事の大切さ。


富士宮本店店長/技術教育マネージャー Designer 渡井建人

ブログURLhttp://ameblo.jp/taketowatai
コメントMotto:LOVE LIVES FOREVER TAYA自由ヶ丘店責任者を経て美容を最高のエンターテイメントとして大好きな地元富士宮へ届けに来ました。 また高い技術と、様々な海外と現場経験から得た感性で、お客様の魅力を最大限に引き出す最先端のカットライン、カラーリングをベースに再現性の高い素敵なスタイルを提案させて頂きます。 そして何よりもお客様の『なりたい!』を限りなく実現させて下さい。 ※ Then I can speak English,if somebody comes from overseas,please feel comfortable time here.

こんにちは。



富士宮の美容室トップスタイル本店、店長/技術教育マネージャーの渡井タケトです。



新人も5人迎え『教育の春』を迎えました。


{2B4AC4BA-E1FF-4974-80F7-C53E97F444EB}



まず美容師として大切な事は、入社したその日に思っていた夢や目標を達成するという事です。



夢が無ければ毎日辛いだけです。

目標が曖昧では仕事場へ行く事すら嫌になります。


何事も目的を持って生きる。


足元の事を言えば、目的を持って遊んだり、夢を持って語る時間が凄く大切になります。



なので、トップスタイルではなるべく夢を何気ない会話の中で、スタッフに聞くようにしています。



ちなみに私の夢は14歳から『インターナショナルな美容師』です。



今でも夢が追いかけていますが、そろそろ実現してしまいそうなので、次の夢は『世界征服』にする予定です。笑



さて、ここで本題に入ります。



人を育てる事が私の仕事です。



トップスタイルでは中途採用は一切しません。


なので毎年20歳の新卒を数人採用しているのですが、気づいた事が幾つかあります。


それは答を与えられる教育を学生時代にしてきた子が殆どだという現実。


凄く良い子が多い反面、良い子すぎて困ってしまうんです。




悪気無く悪い事をしてしまう。
言われた事が出来ない。
言い訳が多い。
何事も謝れば良いと思っている。
反省の見せ方を知らない。
何かしら人のせいにしてしまう。
叱られた後のフォローができない。



はっきり言います。



甘えん坊症候群



きっと部活や先輩関係で胸ぐら捕まれて、怒られた経験が無いんです。



なので、、、



例えばミスを犯した後輩に


○○君、前に伝えた件だけど、今日もまた同じ失敗しちゃったねぇ、もう3回目だから、さすがに気を付けようね。


というと


はい。すいません。ありがとうございます。



と返ってきますが、その後直らない子の特徴があります。



それは心の中で



3回目って言うけど、まだ2回だし。
○○先輩だって出来てないし。
なんで俺がこんな仕事しなきゃいけないんだよ。


など、ネガティヴな事が頭の中で巡っているのが目で分かるんです。



しかし



直る子は、、、



私にだけこんなに愛情持って本気で3回も伝えてくれた。。。
次は絶対にこのミスをカバーできる、先輩が喜ぶ事をすぐにしなきゃ‼
こんな私にも叱ってくれて、感謝しなきゃ‼
そして自分の後輩が同じミスをしないように、アシスタントミーティングを今夜開いて、皆んなで将来のビジョンの確認もして、もっと仕事を楽しくしないとダメだ‼



までは思えなくても、それに近しい目をしています。



どうしても日本の教育は受ける事が多く、考える事が苦手なお国柄です。


だからこそ、一人一人が『質問力』を高められるような生き方をする事が大切です。


どうしても日本人はマニュアルや書面が大好きな気質ですが、今の若い子にはもっと具体的な伝え方が向いています。


私自身も物事の捉え方を凄く意識して生きています。


そして何よりも、なんでもプラスに捉える事で、1つの事から学ぶ事を少しでも多くしています。



反省はし過ぎてしまうと、後悔へと変わります。


チャチャッと短い時間で反省して、なんで出来なかったかなんて考えてはいけません。


どうすれば出来るか。

それだけを考えればいいんです。多分。


出来ない理由探す暇があれば、とにかくやればいい。

分からなければ、やってみればいい。

気になるなら、やってみればいい。

人よりも楽しみたいなら実行すればいい。



捉え方で
人生は変わる。


それだけです。



明日からのサロンワークが楽しみになってきました。





早くサロンに出勤したくなる、サロン定休日でした。