シャンプーやトリートメントのシリコン


サロンブログ

ブログURLhttp://ameblo.jp/topstyle-blog/
コメント感動と癒しの空間、美容室トップスタイルへようこそ!

こんにちは!富士・富士宮の美容室トップスタイルです。

みなさんはシャンプーを選ぶ時に、「シリコン」か「ノンシリコン」かで悩んだことありませんか?

最近はシャンプーやトリートメントで「ノンシリコン」の商品に人気があり、お店などでも「ノンシリコン」アピールしていたり、広告などでも見かけると思います。

そして多くの方が、シリコンが悪いような印象を持ってしまうと思いますが、イメージと事実が異なることが多々あります。今回は、シャンプーやトリートメントとは何かのお話です。

正しく理解をしてシャンプーやトリートメント選びの参考になればと思います。

シャンプーやトリートメントに配合されるシリコンについて

シャンプーの歴史は、思っている以上に浅く、シャンプーという概念が出来たのも、昭和のはじめ(1920年後半~1930年頃)「シャンプー」という名称で商品が登場してからになります。

当時は、髪の毛を毎日洗う習慣がなく、洗うために石けん以外にも、布海苔(ふのり)、小麦粉、卵、油粕、洗粉などがありました。

シャンプーの概念が浸透し、現在のような合成界面活性剤が主体のものになり、毎日髪を洗うようになったのは、昭和の後半に入ってからと言われています。

1970年代から80年代に入り、「朝シャンブーム」という、従来寝る前にお風呂に入る習慣が、出勤、通学前にもう一度シャンプー(シャワー)をするという習慣がブームになりました。この朝シャンブームをきっかけに日本でのシャンプーの市場は一気に拡大し、香りにもこだわるようになったと言われています。

需要が大きくなると、天然物質としてもともと自然界の中に存在する天然由来の界面活性剤では生産力が間に合わず、比較的安く大量生産できる石油系合成界面活性剤のシャンプーなどが多くなります。

石油系の界面活性剤は、洗浄力がつよく、髪の毛はすごくきしみ、指通りはすごく悪くなる場合がありました。

そこで、消費者は髪のきしみを改善できる指通りの良いシャンプーを求めはじめ、その指通りを出すために配合されるようになったのがシリコンだったのです。シリコン入りのシャンプーは確かに従来のものよりもきしまず、指通りが良くなり、大手メーカーがこぞってシャンプーにシリコンを配合するようになりました。

そんな時代が続く中、シャンプーを取り扱う会社が大手以外にも増えてきたのが、つい最近のことです。大手以外のブランドメーカーは、大手メーカーと同じ処方でシャンプーを作っても、どうしても製造量の問題で大手メーカーのものに値段で勝つことができず、大手メーカーよりも高値になってしまうため、消費者に対し、大手メーカーのシャンプーに対抗する処方設計と広告を打ち始めました。大手メーカー品には入っていて自社のシャンプーには入っていない成分や、大手メーカー品には入っていなくて自社シャンプーに入っている成分を消費者に訴えかけ、それらの成分が大手メーカー品よりも優れているという理由を消費者に伝える必要があったのです。その代表的な成分の一つが「シリコン」でした。当時大手メーカーのほぼ全てがシリコン入りのシャンプーの展開をしているなか、中小メーカーが「ノンシリコンなのにきしまないシャンプー」を打ち出しました。

中小メーカーは同じきしまないシャンプーでノンシリコンの優位性を訴えるため、シリコンは身体に悪い、頭皮に詰まるという悪いイメージと比較させることで、自社のノンシリコンシャンプーの市場を拡大していったのです。その波及効果は思った以上に大きく、毛髪のプロである美容業界にもそのイメージは浸透しました。これがノンシリコンがいいと言われるようになった事実です。

シリコンは悪いものなのか?

シリコンが頭皮につまったり、カラーやパーマのかかりを悪くするという話は よくされますが、実際のところ、シリコンが頭皮につまったり、カラーやパーマを邪魔す る程毛髪に残存するという科学的な証拠はありません。

シリコンの分子量は毛髪に浸透する程小さいものではなく、また、毛髪に隙間なく皮膜を張るほど密度が高いものではないので、シャンプーで十分流れ落ち、毛穴のつまりや皮膚の中に浸透することもありません。

シャンプーやトリートメントに配合されているシリコンは毛髪のきしみを抑え、ロングヘアでからまりやすい髪や、枝毛などのダメージが気になる髪の摩擦を抑えて、指通りをなめらかにします。

髪の状態によっては、シリコンの効果がなくても良い場合もあります。「ノンシリコン」の良さ、「シリコン」の良さを正しく理解しながらシャンプーやトリートメントを使い分けることが重要になります。