トップスタイルに入社して1年が経ち、技術教育マネージャーに就任致しました。 | 美容室トップスタイルは富士宮・富士・自由が丘に3店舗

staff blog

スタッフブログ

トップスタイルに入社して1年が経ち、技術教育マネージャーに就任致しました。

こんにちは。

富士宮の美容室トップスタイル、技術教育マネージャーの渡井タケトです。

私も入社して1年が経ち、ほぼ毎週おこなっている『the workshop』も受講生に結果が出始めてきました。

{F953781D-3B3B-4D5B-B372-EB4A92718B93:01}

                             from workshop basic cut

という事で
今回は珍しく私のサロンワークではなく、技術教育マネージャーとしての動きを書こうと思います。
仕事内容は詳しくは公開できませんが、ざっくり言いますと
サロンの技術向上とアシスタントだけでなく、サロン全体のレベルアップを目的としたマネージメントです。
実は最近の美容界では個々で技術力の高い人はいても、教育の出来る人材がかなり減っています。
しかしトップスタイルは私がいる限り大丈夫です。
レッスン、トレーニング、フォローアップ、全てにおいて徹底的に毎日営業時間外もサポートしています。
とにかく私には沢山の仕事がありますが、大きく言うと下記のような感じです。

・『the workshop』2クラスの主催
・OEMの研究、開発
・各メーカーとの共同プロジェクト
・ヘアー部門レッスン会の指導
・海外、都内を中心としたサロンとのコネクション     etc.
他にも色々な試みをしています。
それは、とにかく新しい事をする。
他のサロンでしていない事を可能な限り実現してサロン単位で成長する事。
例えば1時間で出来るカットパーマ。

動画は途中までですが、ボブにしたいし、パーマもしたいけど時間が無いからサロンに行くのを諦めている人には嬉しいですよね。
そして技術も何となく見れば分かるので安心して頂けるかと思います。
また『the workshop』では主に私が指導をしていますが、外部からシークレットゲストを呼んだりもしているので富士宮に居ながらして、都内よりも恵まれた環境を実現しています。

勿論、シークレットゲストはトップスタイル社員も社外秘技術として従業員のみの特権としています。
自分自身、東京にいた時には自分を強く持ち、技術と結果こそが大切だと思っていましたが、トップスタイルに入社してからは技術も大切ですが、社員が一生働ける環境作りと人間関係。
そしてなりよりも『心』の大切さを日々勉強させて頂いております。
自分が東京にいた10年、苦しみ続けてきた問題点がここにはありません。
こんな素敵な会社なのは何よりも代表取締役が目指すサロンが家族であるからだと思います。
なので、私はこの会社に人生をかけ、素敵な美容師に皆んながなれるように、徹底的にサポートし続けたいと思います。
そしてこれから美容師になる子達に大きな夢を見せられるように、自分自身も成長し続けたいと思います。