月刊BoB12月号。サロンワーカーズファイル特集。突き進んだ2017年。中編 | 美容室トップスタイルは富士宮・富士に2店舗

staff blog

スタッフブログ

月刊BoB12月号。サロンワーカーズファイル特集。突き進んだ2017年。中編

こんにちは。

富士宮の美容室トップスタイル本店店長/技術教育マネージャーの渡井タケトです。
この中編では売上をどう伸ばして行ったかを簡単に説明します。
{9B33D3B9-0A55-4D14-BF06-3B2E707338C8}
僕が大切にしているサロンワークのコアは
“3S”

まず一つ目のSは『Smart』
どんな状況においても、必ずガツガツした事はしません。
全ての所作を極力スマートに見えるように、施術中は特に流れるような仕事を意識しています。
簡単に言うと無駄な事はしません。
例えばヘアカラーを塗る時にアシスタンがイヤーキャップをお客様にし忘れていて、一度手を離して不足物を取りに一度バックヤードへ行く。
無駄ですよね。
他にはスタイルチェンジをする時にイメージの長さに一発で持っていけない。
これも無駄ですよね。
お会計の時に料金の提示やお手荷物の受け渡しに時間をかけてしまう。
これも無駄ですよね。
なので僕に付いて頂くアシスタントにはこれを一番最初に一つずつOJTしていきます。
その方がデザイナーになった時に必ず良いので。
二つ目のSは『Speed』
コレがなければ絶対にお客様を待たせながら回すことになり、リスクも大きくなります。
如何にシンプルカットをするか。
如何に効率的な手順で施術を進めるか。
無理、無駄、ムラを如何に無くすか。
上げていったらキリがありません。
料理やスポーツと同じで日々の鍛錬で磨き上げる事はとても大切ですよね。
時間を縮められないのなら努力不足。
頭の回転が遅いのなら、早くするようにレッスンをすれば良い。
効率の良い仕事をする上司を持てば、効率的で満足度の高いイメージを付けられます。
しかし残念ながらマッサージで時間を繋いだり、オーバータイムが多かったり、会話で間を繋ぐようなデザイナーの下で働いていたらハイブリッドな美容師には絶対になれません。
就職したと同時にご愁傷様パターン。
(美容師の離職率が高い理由はコレ)
僕でもお客様を待たせてしまう事は稀にありますが、最高のアシスタントが最大限の努力をしてサポートしてくれます。
よってカラー塗布は10分以内。
フォイルワークは50枚25分。
ワインディングは10分以内。
カットは10分以内(理想は7分)
シャンプーも7分でchair to chair
ひとまずコレがあれば30分予約で1日15人はスムーズにこなせます。
あとはその時々です。
三つ目のSは『Smile』
これは僕の永遠の課題です。笑
どれだけトレーニングしていても忙しい時は笑顔は血糖値とともに薄くなります。
そんな時はレッドブル。笑
もしくは面白いアシスタントにフロア全体を笑わせてもらいます。
・いらっしゃいませ
・お疲れ様でございました
・ありがとうございました
これを言う時に意識して顔がつってでも笑うしかありませんね。笑
ここは僕ではなくて、副店長の丸山とスーパー元気なアシスタントの畑山に任せています。笑
勿論、手が空いてサロンが静かな時は周りにいるスタッフをとにかく笑わせられるようには努めていますが、たまにイタズラが度を過ぎて怒られます。(丸様にモノマネを振り過ぎた時など)
ご要望があればドナルドダックのモノマネはできますよ。笑
ここまでが僕のコアにある3Sの話ですが活字では限界があるのでもうやめましょう。
あとは下の記事を読んでください。
{85B159EF-F62F-4030-AFEA-5BF4CC001496}

{A59DD0CE-BD03-4BDB-AB81-EA161AFC49BB}

ちなみに僕の1番忙しかったのは2017年12月25日です。

短日で個人売上が65万を超えました。
サロン売上は短日で150万。
その時は最高に楽しかったです。
1日の売上が10万を切る事はありません。
ちなみに本店は12月に1700万。
・デザイナー6人(うち3人はパート)
・アシスタント6人
・エステティシャン2人
本当に僕を支持して下さるお客様には感謝してます。
それと最後ですが僕はトップスタイルに入社して未だに毎月前年を超えなかった月はありません。
なぜ売上を開示するのか?
東証一部の企業が株主様に全て開示しますよね?
一緒です。
自分を信頼して欲しければ、全て伝えるべきです。
日本人隠し事多過ぎますし、謙虚とか言いますがそういう所が一番図々しい。
全て伝えれば指名してくれるお客様は喜んでくれますし、僕も嬉しいです。
いい生活をしないと、いい物は作れません。
僕にも月に総支給14万の時代がありました。
光熱費も払えない時代がありました。
ウィッグ代が払えず大変な時期がありました。
病気になって3回程入院もしました。
だから今がある。
文句言ってたり、人の悪口言う暇があるなら世界を目標に毎日生きれば良い。
世界を知らないなら、一度美容師やめてニューヨークでもロンドンでも行けば良い。
結果を出せない人の共通点。それは。。。
不満しか言わない人。
結果が出る人の共通点。
できるのが当たり前とする生き方。
こんな事ばかり言ってるので周りにあまり良い印象は持たれませんが、何か??
トップスタイルを日本一にする為なら僕が最初はリードしますよ。
なぜなら有能な上司の下でこそ、次世代の僕を超えるデザイナーは生まれないからです。
僕は社員を心から愛しています。
だから本気で生きているので、まだまだ未熟者ですが三年半で富士宮の底辺から静岡県のトップまで駆け上がってるのだと思います。
中編の最後ですが、父であり社長の渡井秀行が現場を任せてくれるのでこの急成長があります。
伸びている会社には必ず衝突と我慢が存在しますが、温かい目で見守ってくれる社長。
僕を信じて付いてきてくれている社員全員に心より感謝しております。
後編へ続く。